2008年07月21日

中華ランチ


clunch200807.jpg


日曜日には研修生たちとランチを共にしました。
ランチと呼ぶにはとても豪華! なんと14品目!!
寮で食べたのでこれだけの料理を並べるテーブルがなく床に新聞紙を敷いて並べました。みんなでこの周りに車座に座りにぎやかに楽しく語って食べました。

午前中に買い出しに行き肉や魚を買ってきました。野菜は会社の敷地内で研修生たちが畑を作っているので、そこでの新鮮なもぎたてを使用しました。魚は切り身ではダメ、とこだわって尾頭付きの魚を探して3軒目のスーパーで鯛をゲット。

本格中華の味付けでとてもおいしかったです。
 鯛の中華煮付け
 麻婆豆腐
 肉団子
 青椒肉絲
 じゃがいもの細きり
 海老の炒め物
 茄子の炒め物
 茄子の挟み揚げ
 いんげん豆の炒め物
 きゅうりと笹身の和え物
 骨付き豚肉としいたけのスープ
 etc
  (正式名称は判らないのでこんな感じの料理という事で)

まるで中国で食べているようでした。

畑で採ってきた青い唐辛子を「青いのは辛くない」と言って中華味噌につけて丸ごとポリポリと食べるんですね。
「本当かな?」と1本付合いました。がやはりかなり辛かったです。大汗が出ました。2本は無理です!!

反対に「おくら」のねばねばは苦手なようです。

ごちそうさまでした。
楽しかった〜! 日中の文化交流ができたようです。 
季節を変え、食材を変えて定期的に開催したく思います。 多田






posted by 多田章利 at 13:48| Comment(0) | オフタイム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。