2008年12月03日

金星と木星と三日月が


kinmokutuki20081201.jpg

11月30日に写真を載せた「金星と木星が接近する天体ショー」、12月1日には三日月も加わるということで楽しみにしていました。

12月1日の写真です。
19時頃仕事を終え会社を出たとたん、西空の低い位置にくっきりと見えました! ハッとするような美しさでした。左が金星、真中が木星、右が月です。
三日月が唇で笑顔に見えるようです、なるほど。
私には三日月が空中ブランコをしているように見えました。大空での空中ブランコ気持ちいいだろうなあ なんて。

手振れでうまく写真が撮れなかったので、上の写真は友人が撮った物を載せています。完全に暗くなる前の空がとてもきれいです。


kinmokutuki20081202.jpg

12月2日の写真です。
月の位置が左上部に移動しています。
ブランコが大きく触れて、ここから月がジャンプしていくように見えます。
(注:下部の茂みの中の光は街路灯です。)

夜空を眺めてイマジネーションを湧かせたことなんてここのところなかったので楽しかったです。

ここ何日間か、夕方上を向いていた人は幸せな時間を過ごせましたね。下ばかり、地上ばかり、目の前ばかり見ていてはダメなんだ。大きな起きている事に気づかないことがある、たまには空を、遠くを、今後の事を見て行かなければいけないと感じました。
どれだけの人が同じ時間にいろんな場所で見て感激していたんでしょうか。

1月30日の日記にコメントをいただいた、たらこさん、kokubeeさんありがとうございました。多田


posted by 多田章利 at 07:45| Comment(0) | オフタイム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。