2012年10月04日

新入社員の先輩たちからのメッセージ 製造職#1

topseizou480.jpg
関東工場 生産二課
nishiyamajob_instant.jpg nishiyamapri_instant.jpg
動画メッセージ


Q1.カバヤを受けてみようと思ったのはなぜですか?
幼少の頃から食べていた、セボンスターに入っているチョコレートが大好きだったことがきっかけです。カバヤにはセボンスターのほかにも多くの独創的なお菓子があり、それらを作るための多彩な技術力があります。自分もここで「奇想天外なお菓子」が作れたらいいな、と思って選考を受けました。

Q2.最終的に入社を決めた理由は何ですか?
カバヤの幅広い商品ラインナップとそれを実現する技術力は、独創的なお菓子を開発して沢山の人を喜ばせたい私には最適の職場だと感じました。また、何度も説明会に参加させて頂いて、その親しみやすい雰囲気と細部まで手を抜かないお菓子への真摯な想いに感動し、一緒に成長していける会社だと確信し、入社を決めました。

Q3.入社後にびっくりしたことはありますか?
生産部に配属され、担当の製造ラインについて2ヶ月ほどでライン運転を一任されたことです。長大なラインを一人で動かすのは、まだ半人前の私にとってはあまりに責任重大で緊張と焦りの連続でした。しかし、同時にやる気も跳ね上がり、良い刺激となりました。今後は生産性を高めるために無駄をなくし、ラインを改善していきたいです。

Q4.あなたがカバヤで今までに取り組んだ仕事を教えて下さい
5月から関東工場へ配属され、2ヶ月間の研修中にジューCやミントタブレット等の清涼菓子の粉を固形化する打錠工程、ドトールチョコレートの検品・箱詰め作業を学びました。そして7月から現在まで、大袋チョコレート(あっさりショコラ・ゴールドチョコ等)の製造・包装・仕上げを行うビンドラーラインを操作しています。

Q5.これから取り組んでみたい仕事は何ですか?
研究室に入り、新たなるヒット商品を開発することです。私の武器である変人性によって今までにない切り口で新分野を切り開き、多くの人々を震撼させ魅了する商品を創りたいです。そのためにも生産部(現場)で築きあげた知識、経験、人脈を最大限に活かし、チームワークを大切にして独創的な商品を手がけたいです。

Q6.あなたの「夢」は何ですか?
私の仕事の夢は、研究室に入って、「夏の猛暑に負けないお菓子と健康に気を遣ったお菓子を手がけて、幅広い世代の人に喜んでもらうこと」です。そしていつか「ミスターカバヤ」ならぬ、「ミスターニシヤま」だと胸を張って言える社員になりたいです。プライベートの夢は、将来幸せな家庭を築き、家族みんなで釣りに行くことです。

Q7.あなたにとって「お菓子」とは?
私にとってお菓子はいわば運命共同体です。物心付いた時から一日中お菓子ばかり食べていました。最近は手作りのお菓子を誰かにプレゼントすることで「お菓子を通して人を喜ばせる楽しさ」を知りました。大人になった今でも、お菓子は私の大切なパートナーです。何処に行くにも必ずお菓子をポケットにしのばせています。

ある日の一日
nishiyama1nichi.png
↑クリックで拡大


posted by 多田章利 at 07:00| Comment(0) | 新入社員の先輩たち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。