2012年10月03日

入社二年目以降の先輩たちからのメッセージ 製造職#1

topseizou480.jpg
関東工場生産二課
araijob_instant.jpg araipri_instant.jpg

Q1.カバヤを受けてみようと思ったのはなぜですか?
総合菓子メーカーであるカバヤは無限の可能性を秘めています。需要の変化が激化している厳しい社会ですが、これは会社そして「自分自身が成長する」機会だと感じました。ピンチをチャンスに変え、成長できる場所と考えています。
さらに、メーカーは創り出すことで、お客様に喜びや笑顔をお届けできる原点だと思います。これらの夢や希望といった可能性を実現できる場所がカバヤにあったからです。

Q2.最終的に入社を決めた理由は何ですか?
「出逢い」です。星の数ほどある会社から入社できるのは1社のみ!!人生を左右する岐路に立った人なら、誰しも悩むことでしょう。選考時期では、企業も就活生も貴重な時間です。しかし、時間を割いてまで悩みを抱えた私と真正面から向き合って解決してくれました。「ガラス張りのように透明度の高い会社」そして、私たち社員を第一に考えてくれます。これがカバヤです。

Q3.入社後にびっくりしたことはありますか?
若手社員に大きな仕事を任せてくれることです。上司の仕事を請け負って「クレーム削減」に取り組んでいます。これは消費者の不快や不満、疑問などを解消および低減していく仕事です。
品質管理と二人三脚でクレーム「0」を目指しています。
工場長や品質管理部長とのディスカッションの中で自分の意見を伝えるチャンスです。
自分で考えた対策プランが採用され、実行しています。

Q4.あなたがカバヤで今までに取り組んだ仕事を教えて下さい
入社4年目,関東工場生産二課で働いています。“棚卸し”を月末〜翌月の初めに行っています。内容は現場で使用している資材・原料・製品が帳簿(データ)上と相違ないかチェックしています。資材等はお金と同等の価値のため、大変重要な仕事です。
また、”クレーム削減委員会”に出席し、意見や改善結果など報告しています。他部署や直属の上司を前に発表することは緊張しますが、”やりがいのある仕事”を任されています。

Q5.これから取り組んでみたい仕事は何ですか?
勤続4年目になり、改善のスペシャリストを目指しています。
小集団活動といった改善活動がありますが、携わって2年目です。様々な視点や観点を要しなければ、新しい発想は生まれません。そのために必要な知識や技術を磨き取り入れるために、他部署の仕事に興味を抱いています。自分の可能性を最大限に広げるために、現在の仕事を全力で取り組み、自分の知識・技術面が成長することを目標に取り組んでいます。

Q6.あなたの「夢」は何ですか?
お菓子による活気ある社会創りです。お菓子は見た目、食感、味というように五感をもって楽しむことができます。お菓子の不思議かつ素晴らしいパワーで、さらに明るい世の中にできると信じています。
もう1つ抽象的ではありますが「夢を持ち続けること」です。夢を追い続けることで、自分自身を成長させることが出来るからです。

Q7.あなたにとって「お菓子」とは?
「幸せ」を届けてくれるプレゼントです。そして「輪」を広げるチャンスときっかけをくれるモノです。団欒するときの中心には、お菓子が必ず存在します。これは人と人が繋がっているように、お菓子と人の関係も同じだからです。お菓子は、疲れた体を癒してくれ、時に会話を盛り上げる脇役、そしてみんなに
“笑顔”をプレゼントしてくれます。これがお菓子です。

ある日の一日
arai1nichi.png
↑クリックで拡大


posted by 多田章利 at 07:00| Comment(0) | 2年目以降の先輩たち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。