2012年10月03日

入社二年目以降の先輩たちからのメッセージ 技術職

topgijyutu480.jpg
技術部生産技術課
nishimurajob_instant.jpg nishimurapri_instant.jpg
動画メッセージ

Q1.カバヤを受けてみようと思ったのはなぜですか?
就職活動する中で、カバヤのことを知りました。それまでは恥ずかしながら、カバヤの名前は知りませんでした。機械の生産、開発などに関わりたいと就職活動では機械メーカーばかり受けていたのですが、お菓子を作る機械、生産ラインに携わる仕事という少しマニアックなところに興味をもちました。

Q2.最終的に入社を決めた理由は何ですか?
面接の時などに社員の方々が温かく接してくださり、一番リラックスして、素の自分を出せました。日に日にカバヤに入社したいという気持ちが強くなっていきました。また、お菓子を通じて人々を笑顔にしていける仕事であることにも魅力を感じました。

Q3.入社後にびっくりしたことはありますか?
機械、設備の多さです。総合菓子メーカーということもあり、多くの生産ラインがあり、そのお菓子に合った様々な機械が配置されています。メーカーも違えば、海外製のものもあり、名前、仕様、構造、役割を覚えるだけでも大変です。

Q4.あなたがカバヤで今までに取り組んだ仕事を教えて下さい
入社後、最初は技術部工務課に配属され、主に工場の設備、生産ラインの機械のメンテナンス、修理、改善などを行いました。現在は技術部生産技術課に所属しており、主にキャンディ、グミラインを担当し、生産ラインの設備導入、ラインの見直し、作業改善、工程管理などを行っています。
まだまだ未熟なので、先輩方の技術、知識を自分の物にできるよう日々勉強しています。

Q5.これから取り組んでみたい仕事は何ですか?
新しい機械、生産ラインの立ち上げに関わりたいです。生キャラメルのように新しいお菓子の生産ラインを組み上げて、そこからヒット商品を快適に生産できるようにしたいです。また、海外のお菓子の機械メーカーとの取引などにも関わってみたいです。海外(特にヨーロッパ)にも素晴らしいお菓子の製造機械が多くあり、実際に生産ラインでも使用しています。機械導入にも幅広い視野で取り組んでいきたいです。

Q6.あなたの「夢」は何ですか?
機械、電気、空調等、なんでも来い!!!と、すべてに対応できるオールマイティな技術屋になることです。そして、稼働率抜群の生産ラインを作り、「西村ライン」と名付けます。
プライベートでは、MYバスボートを持ち、琵琶湖で世界記録のブラックバスを釣ることです。

Q7.あなたにとって「お菓子」とは?
「笑顔の種」です。お菓子を食べている時、皆自然と笑顔になりますし、楽しい気分になります。そんな不思議な力がお菓子にはあります。これからもお客様の笑顔を忘れずに、美味しいお菓子を作っていきたいです。

ある日の一日
nishimura1nichi.png
↑クリックで拡大


posted by 多田章利 at 09:00| Comment(0) | 2年目以降の先輩たち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。