2012年10月03日

入社二年目以降の先輩たちからのメッセージ 企画職

topkikaku480.jpg
企画二部
tsubaharajob_instant.jpg tsubaharapri_instant.jpg

Q1.カバヤを受けてみようと思ったのはなぜですか?
大企業という大きな鎖の輪の中でその一つの鎖として自分の人生を終えるのではなく、規模は大きくなくても自分が若いうちから会社にしっかりと関わっていける企業に就きたい、という気持ちがありました。その上で実家のある岡山県に本社を置くカバヤ食品の存在を知り、受けてみようと思いました。

Q2.最終的に入社を決めた理由は何ですか?
会社の方々にいろいろと話を聞いていく中で、入社後10年未満の若い社員が想像していた以上に責任のある仕事を任されていることを知り、この会社は結果を出せばちゃんとそれに応じた評価をもらえるのでは、という雰囲気を感じ取ったからです。

Q3.入社後にびっくりしたことはありますか?
入社直後は何もかも驚くことばかりの毎日でしたが、一番驚いたことは私が企画部に配属された翌週に商品の担当を任されたことです。
それはプレッツェルのPB(プライベートブランド)で、決して流通量は大きくはなかったのですが大手スーパーさんとの取り組み商品で会社としても大事な商品でした。
あの時は「開発のことなんて何も分からない自分がいきなり責任ある担当を任されて良いのだろうか」という不安の中で「仕事は体で覚えろ」ということで、諸先輩方の指示を仰ぎながら、そして時にはミスをしながら商品を作り上げていったことを覚えています。
初めて自分の担当した商品がお店の棚に並んでいるのを見たときは本当に感動しました。

Q4.あなたがカバヤで今までに取り組んだ仕事を教えて下さい
1年目は岡山本社の企画でプレッツェルの商品担当をし、商品企画の基礎を学びました。
2年目の10月から約2年間、東京企画でチョコレートの新商品開発を行いながらセールスの商談に同行し、菓子バイヤーに対して新商品紹介のプレゼンテーションを行うといったことも経験させていただきました。
岡山に戻って来てからこの3年間は主にCARÊME(カレーム)シリーズの商品を担当しています。
いままで担当した商品の中で一番思い出に残っているのは1年目に企画したスナック菓子です。
それは当初「うちの会社では不可能」と突き返された企画案でした。それが営業や研究室の方はもちろん、生産技術部や資材部といった様々の部署の方々との度重なる話し合いやテストの結果、商品化に至ることができ、これが大きな自信につながりました。苦労を重ねて発売に至った商品を実際に店頭で見つけた時にはとても言葉では表現できない感動がありました。
今ではこの約7年の間で実に300品近くもの数の商品を世に出してきましたが、常に1年目のこの時の気持ちを忘れずに必ずヒット商品を生み出していけるように頑張っていきたいと思います。

Q5.これから取り組んでみたい仕事は何ですか?
私は商品開発に絶対的に必要なものは『情報量』だと思います。その情報量が足りないと、開発が商品化したいものと消費者が求めているものにギャップが生まれる結果になってしまいます。
「今消費者は何を求めているのか」また「これからどのようなものが流行しそうなのか」という市場の情報だけでなく、「お店は何を売りたいのか?」「セールスはどのような商品が売りやすいのか?」といった情報も含めてしっかりと把握出来るように、市場調査はもちろん、セールスやバイヤーとの強いパイプラインを構築したいと思います。

Q6.あなたの「夢」は何ですか?
入社当時に「『カバヤに椿原淳史あり』と言わせてみたい」と言ったその気持ちは未だ変わっていません。
そのためには誰にも愛される大ヒット商品を生み出したいです。

Q7.あなたにとって「お菓子」とは?
子どもだけでなく大人までをも明るい気持ちにしてしまうもの。
入社以来毎日のように何種類ものお菓子を食べていますが、他社さんの新商品や海外から輸入されてきたお菓子を見るたびに「どんな味がするんだろう」「どうやって作ってるんだろう」などと眼を輝かせて食べています。

ある日の一日
tsubahara1nichi.png
↑クリックで拡大


posted by 多田章利 at 11:00| Comment(0) | 2年目以降の先輩たち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。