2008年03月07日

カバヤバラ基金

花を愛する社員で会社にバラを植えていこうという主旨でカバヤバラ基金が設立されました。
大仰な基金ではないですが、バラを育てるという活動を通して社員みんなの気持ちが癒され、また部署を超えた交流ができればと期待しています。

趣意書
『カバヤ食品岡山工場の敷地は、広い芝生、たくさんの桜の木、四季折々の花が絶えず咲く花壇など緑化が行き届き、私達従業員が心を癒されているばかりでなく、工場見学に訪れる人達に爽やかな良い印象を与えてくれています。
広々とした芝生スペースは子供たちの遊び場として、また桜の咲く時期はサクラフェスティバルを開催し大勢の地域の方々に来社いただき、喜んでいただいています。
そして、我社に対する理解やイメージアップに大きく貢献しているものと確信しています。

しかし、まだまだ工夫をかさねて整備しなければならないことがたくさんあります。
そのひとつとして、工場入り口付近のフェンスを中心にバラ(おもにつるバラ)を植えていきたいと考えます。それにより冷たい感じのするフェンスが色彩豊かな美しい景観を作り出し、工場の景色も一層味わいのあるものになるのではないかと思います。

美しい自然や環境に触れる事は見学に訪れる子供たちの教育に役立つばかりでなく来訪者の皆様に感動していただけるものと思います。

バラの苗木を購入し、植え、育てていく活動をとおして、花を愛する仲間が心をひとつにしてカバヤ岡山工場の緑化を推進することをめざして「カバヤ バラ基金」を設立いたします。』

先日さっそくバラの苗を購入し、有志にて植え付けを行いました。
今回第一弾として購入したのは次の8本
●ボウベルズ
●ピュールドロンサール
●ザジュラネスガーデナー
●メアリーローズ
●グラハムトーマス
●パットオースティン
●ヴァイオレット
●レディエマハミルトン

事務所から向って左側フェンスにはピンク系、右側フェンスにはブライトカラーです。

バラuetuke1.jpg

直径・深さ60cmの穴を1メートル以上離して8個掘りました。結構重労働です
これも春美しいバラを見る為と‥‥。
協力いただいた社員のみなさん、ありがとうございました。

バラuetuke2.jpg


近日中に第二弾のバラを購入する予定です。多田




posted by 多田章利 at 07:34| Comment(0) | カバヤあれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。