2008年03月25日

キッズフェスティバル2008


kids200803no1.JPG

23日の日曜日NPO法人岡山市子供センターが主催している「キッズフェスティバル2008」にカバ車で参加してきました。

ガイドブックより
キッズフェスティバル2008は、プレイパークのモットーである『自分の責任で自由に遊ぶ』を大切に開催しています。
広い公園を使って、自分のやりたいことを自分の手でやってみる。困った時には、誰かに相談したり、助けてもらったりしながら、むちゅうでやってみる。
その子どもたちの力を信じ、あたたかく見守る大人がいる。
そんな、子供が主役の遊び場をめざしています。


kids200803no2.JPG

朝から雨がぱらつき、ちょっと肌寒い天気で子どもたちが集まってくれるのかスタッフ一同心配でしたが、子どもたちには関係なかったようです。何よりもスタッフの熱い心が気持ちよかったです。

大人気のダンボールすべりや


kids200803no3.JPG

懐かしいベーゴマ


kids200803no4.JPG

ダンボールで作った家

kids200803no5.JPG

そして池でのいかだ遊び!

子どもたちが目を輝かせて楽しそうに遊んでいました。
この他にも子どもたちの興味を引く楽しい遊びが目白押しでした。

既製の遊びではなく自分達の手造りというところがこのフェスティバルの良いところだと感じました。
昔の遊びってそうだったよなあと自分の子どもの頃を思い出していました。


kids200803no6.JPG

カバ車も楽しんでいたようです。
いつも、子どもたちからは元気をもらいます。
スタッフのみなさん お疲れ様でした。また来年も呼んでください!

来週はカバヤ本社で「さくらまつり」が開催されます。たくさんの子どもたちに会えるのが楽しみです。多田



ラベル:カバ車
posted by 多田章利 at 08:16| Comment(0) | オフタイム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。