2012年10月04日

新入社員の先輩たちからのメッセージ 営業職#2

topeigyou480.jpg
名古屋支店 販売2課
kasuyajob_instant.jpg kasuyapri_instant.jpg
動画メッセージ


Q1.カバヤを受けてみようと思ったのはなぜですか?
人が生きるのに欠かせない「食」に関する仕事に携わりたいと思って就職活動をしていた時に、他の食品になくてお菓子にはあるもの・・・そう。人生の楽しみや夢を創り出してくれるお菓子の魅力をカバヤが教えてくれたからです!
大学の学内説明会の時に総務部長から貰ったジューCが全ての始まりでした。

Q2.最終的に入社を決めた理由は何ですか?
始めは就職先の候補の1つでしかなかったですが、選考のステップを踏むごとにカバヤという会社がどんどん好きになったため。自分はこの会社で働いて、もっともっと多くの人にカバヤと素敵なお菓子たちを知ってもらいたい!と心から感じることができたからです。
この思いは入社した今も、これからも変わることがないと信じています。

Q3.入社後にびっくりしたことはありますか?
カバヤのアイテム数が想像以上にたくさんあったこと。社内だけでなく、他メーカーとの交流も多いこと。入社してから驚くことはいっぱいありますが、何よりも驚いたのは先輩方は1ヶ月間にお菓子を何百万、何千万円と売ることです。1つ数十〜百円のお菓子がそれだけ市場に流れているのは全く想像もつきませんでした。私もそんな先輩方のような立派なセールスになりたいです。

Q4.あなたがカバヤで今までに取り組んだ仕事を教えて下さい
まずは入社後、1ヶ月の本社研修・関東工場研修でカバヤという会社の外枠を学びます。配属後は商談や支店倉庫の整理、得意先の店舗改装といったことから着ぐるみイベントのお手伝いなど、入社後の半年間であらゆる仕事に取り組ませていただきました。今の自分の丈に合った仕事を任されるので確実に自分がステップアップしていくのを感じるのが何よりも嬉しくやりがいがあります。

Q5.これから取り組んでみたい仕事は何ですか?
まずは1人前になってあらゆる仕事をこなせるようになること!
見積もりの作成から納品後のフォローまで一貫した仕事をすることが当面の目標です。
あとは学生時代に4年間アルバイトしていた某GMSの担当になりたいです(笑)

Q6.あなたの「夢」は何ですか?
仕事・・・全国の支店を巡ってあらゆる結果を残すことです。どこに行っても仕事が出来るカバヤの顔のようなセールスになりたいです。ざっくりとした内容ですが、これに尽きます。目指せ!日本一!
プライベート・・・幸せな家庭を築いて、自分の子供に誇れるような仕事をしていきたいです。

Q7.あなたにとって「お菓子」とは?
「楽しさ」や「夢」を具現化したもの。
お菓子はこれからも変わることなく私達のそばにいる友達のような身近な存在です。

ある日の一日
kasuya1nichi.png
↑クリックで拡大


posted by 多田章利 at 11:00| Comment(0) | 新入社員の先輩たち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新入社員の先輩たちからのメッセージ 営業職#1

topeigyou480.jpg
九州支店 販売三課
hayashidajob_instant.jpg hayashidapri_instant.jpg

動画メッセージ


Q1.カバヤを受けてみようと思ったのはなぜですか?
食べることが大好きで食品会社で働きたいと就職活動を始めました。そして色々な会社の説明会に参加する中で、アットホームなカバヤの雰囲気が良いなと感じました。また、中堅企業ならではの良い面だけでなく大変な面も正直に話してくれるカバヤの素直さに魅かれ受けてみたいと思いました。

Q2.最終的に入社を決めた理由は何ですか?
縁を感じました。面接では一番素の自分を伝えることができ、そこを評価してくださったことからカバヤでなら自分らしく頑張っていけそうだと思いました。
また、カバヤの独創性(選考ではカバヤならではのユニークな課題がたくさんあり、楽しんで取り組めたこと)や社員の方々の温かい雰囲気を知るうちにカバヤが大好きになり、入社を決めました。

Q3.入社後にびっくりしたことはありますか?
他社メーカーの方との繋がりです。仕事面ではライバル関係あたる他社メーカーの方が、新入社員で右も左も分からないような私にアドバイスや仕事を教えてくれた時は驚きと感謝でした。プライベートでも1年目で集まって同期会をしたり、同じ得意先を持つ他社メーカーさんと飲みに行ったりします。

Q4.あなたがカバヤで今までに取り組んだ仕事を教えて下さい
担当を持つ前は、先輩営業に同行して商談見学・棚替え応援・見積書作成など営業の仕事について教えて頂きました。秋に担当を持たせてもらってからは、商談(問屋商談やスーパー本部商談、店舗ごとの商談などいろいろあります)や倉庫の在庫チェック、店舗巡回、事務処理等を行ってます。商談は同じ商品の案内でもセールスごとに様々な提案をするので、面白い仕事だなと感じています。

Q5.これから取り組んでみたい仕事は何ですか?
消費者の方に喜んでもらえるようようなキャンペーンやイベントを企画提案していきたいです。今はまだ新商品案内や特売案内の商談しかしたことがありませんが、今後はもっとカバヤファンが増えるような喜ばれる企画を提案して、得意先やカバヤの利益に貢献していきたいと思います。

Q6.あなたの「夢」は何ですか?
友達、家族、未来の家族・・・そしてカバヤのお菓子に囲まれて毎日幸せいっぱいに過ごすこと。

Q7.あなたにとって「お菓子」とは?
元気の源です!

ある日の一日
hayashida1nichi.png
↑クリックで拡大
posted by 多田章利 at 10:00| Comment(1) | 新入社員の先輩たち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新入社員の先輩たちからのメッセージ 生産管理職#1

topseikan480.jpg
岡山工場生産管理部生産管理課
ogurajob_instant.jpg ogurapri_instant.jpg
動画メッセージ


Q1.カバヤを受けてみようと思ったのはなぜですか?
もともとメーカーに興味があり、食べることが好きなので食品メーカーに目を向けていました。その中でもお菓子は特に好きでしたし、カバヤは本社が岡山ということもあってより身近に感じたことが受けようと思ったきっかけです。社名を覚えていたのは「さくさくぱんだ」を高校時代から愛食していたからだと思います。

Q2.最終的に入社を決めた理由は何ですか?
縁を感じたから、というのが一番の理由です。仲間とともにグッドカンパニーをつくるという雰囲気が自分にあっていると感じていましたし、説明会や選考の過程でどんどん惹かれていったのでカバヤに決めました。カバヤの選考には私が毎回意気揚々と向かっていたのが伝わっていたらしく、両親も応援してくれました。

Q3.入社後にびっくりしたことはありますか?
目にする数字がとても大きいことです。1袋80gで売られているキャンディが、一度の生産で2800kgつくられていたり、その原料である砂糖が10tのローリー車で運ばれてきたりすることに最初はとても驚きました。あと、本社は至るところにいろんな可愛いカバがいるので、見つけるたびにびっくりしつつ癒されています。

Q4.あなたがカバヤで今までに取り組んだ仕事を教えて下さい
配属されて約1ヶ月はさまざまな部署で話を聞いたり、実際に現場で作業をしたりすることで、それぞれの仕事や課とのつながり学びました。その後は課に戻り、主に原料の管理・発注業務を行っています。必要な原料をどのタイミングでどのくらいの量を入れるのか調整したり、また原料がどのように使われているのかを確認したりしています。

Q5.これから取り組んでみたい仕事は何ですか?
今行っている原料発注の仕事を責任を持って一人でできるようになることが当面の目標ですが、その上で自分から改善を働きかけることができるようになりたいです。今は社外の人と関わる機会が少ないので、外注先にも出向いてみたいですし、視野を広げて多くのことを得てその後の仕事に活かせたらと思います。

Q6.あなたの「夢」は何ですか?
笑顔いっぱいの世界にすることです。生産管理課にいると事務所から工場までいろいろな人と関わる機会が多いので、まずは周りの人から笑顔にできたらいいなと思います。
プライベートでは、将来的には自分の子供とお菓子売り場でニヤニヤしたり、食いしん坊で笑顔の絶えない家庭を築きたいです。

Q7.あなたにとって「お菓子」とは?
パワーの源であり、自分も周りも笑顔にする魔法の食べ物だと思います。
お菓子がないと生きていけない!というと大げさですが、私にとっては欠かせないものです。

ある日の一日
ogura1nichi.png
↑クリックで拡大
posted by 多田章利 at 09:00| Comment(0) | 新入社員の先輩たち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新入社員の先輩たちからのメッセージ 製造職#2

topseizou480.jpg
岡山工場 生産一課
kobayashijob_instant.jpg kobayashipri_instant.jpg
動画メッセージ

Q1.カバヤを受けてみようと思ったのはなぜですか?
私がカバヤ食品と出会ったきっかけは、大学での説明会でした。そこでの先輩社員の笑顔や丁寧な対応、総合菓子メーカーであることなどから選考に参加してみようと考えました。なにより、お菓子を通じて子供たちに夢と文化を、そして健康と味のメルヘンを提供し続けたいとする企業姿勢に魅力を感じました。

Q2.最終的に入社を決めた理由は何ですか?
私がカバヤ食品に入社を決めた理由は、最終選考の際に私の気持ちをくみ取って頂けたことが大きいですが、カバヤ食品の選考過程が他企業よりはるかに参加しやすく、独創的で自分にマッチした会社であるという気持ちが積み重なった結果であると思います。この会社ならば人生の半分以上を共に歩んでいくことが出来ると感じました。

Q3.入社後にびっくりしたことはありますか?
入社後にびっくりしたことは、生産過程で使用する機械の多様さと先輩社員の手際の良さです。入社後の研修で複数ラインの工程を体験しましたが、どの工程においても先輩社員の動作は洗練されていました。また、洗練された作業の中でも更なる効率化を目指している企業方針が垣間見えました。

Q4.あなたがカバヤで今までに取り組んだ仕事を教えて下さい
入社後の一カ月研修の後、私は岡山工場のグミ製造に配属されました。その製造工程のなかでグミのベースに使われているゼラチンの混合作業やベースの混合、それを煮つめて次の工程に送る作業などを行っています。また日によっては製品の包装作業に携わることもあります。

Q5.これから取り組んでみたい仕事は何ですか?
私は製造現場では半人前です。早く先輩方のようにどのような状況にも瞬時に対応する事が出来る仕事のプロフェッショナルになり、会社に貢献することが今の目標です。また、生産工程のさらなる効率化を目指す改善活動にも携わっていきたいと考えています。

Q6.あなたの「夢」は何ですか?
私の夢はお菓子を通じてお客様を笑顔にして今まで私を育ててくれた社会に貢献して自分の子供に胸を張ることです。そのためにお客様に安心して食べて頂ける高品質のお菓子を作り続けていきます。また、仕事以外では学生時代に体験したことのない場所、物事に挑戦していきたいです。

Q7.あなたにとって「お菓子」とは?
私にとってお菓子とは、食べた時のおいしさで場所を問わず人々にほんの少しの幸福感と元気をもたらすことが出来る魔法の食材です。学生時代にも落ち込んでいた時にクッキーを人から頂いて元気が出た経験がありました。私もそんな人を幸せにすることが出来るお菓子を作ります。

ある日の一日
kobayashi1nichi.png
↑クリックで拡大
posted by 多田章利 at 08:00| Comment(0) | 新入社員の先輩たち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新入社員の先輩たちからのメッセージ 製造職#1

topseizou480.jpg
関東工場 生産二課
nishiyamajob_instant.jpg nishiyamapri_instant.jpg
動画メッセージ


Q1.カバヤを受けてみようと思ったのはなぜですか?
幼少の頃から食べていた、セボンスターに入っているチョコレートが大好きだったことがきっかけです。カバヤにはセボンスターのほかにも多くの独創的なお菓子があり、それらを作るための多彩な技術力があります。自分もここで「奇想天外なお菓子」が作れたらいいな、と思って選考を受けました。

Q2.最終的に入社を決めた理由は何ですか?
カバヤの幅広い商品ラインナップとそれを実現する技術力は、独創的なお菓子を開発して沢山の人を喜ばせたい私には最適の職場だと感じました。また、何度も説明会に参加させて頂いて、その親しみやすい雰囲気と細部まで手を抜かないお菓子への真摯な想いに感動し、一緒に成長していける会社だと確信し、入社を決めました。

Q3.入社後にびっくりしたことはありますか?
生産部に配属され、担当の製造ラインについて2ヶ月ほどでライン運転を一任されたことです。長大なラインを一人で動かすのは、まだ半人前の私にとってはあまりに責任重大で緊張と焦りの連続でした。しかし、同時にやる気も跳ね上がり、良い刺激となりました。今後は生産性を高めるために無駄をなくし、ラインを改善していきたいです。

Q4.あなたがカバヤで今までに取り組んだ仕事を教えて下さい
5月から関東工場へ配属され、2ヶ月間の研修中にジューCやミントタブレット等の清涼菓子の粉を固形化する打錠工程、ドトールチョコレートの検品・箱詰め作業を学びました。そして7月から現在まで、大袋チョコレート(あっさりショコラ・ゴールドチョコ等)の製造・包装・仕上げを行うビンドラーラインを操作しています。

Q5.これから取り組んでみたい仕事は何ですか?
研究室に入り、新たなるヒット商品を開発することです。私の武器である変人性によって今までにない切り口で新分野を切り開き、多くの人々を震撼させ魅了する商品を創りたいです。そのためにも生産部(現場)で築きあげた知識、経験、人脈を最大限に活かし、チームワークを大切にして独創的な商品を手がけたいです。

Q6.あなたの「夢」は何ですか?
私の仕事の夢は、研究室に入って、「夏の猛暑に負けないお菓子と健康に気を遣ったお菓子を手がけて、幅広い世代の人に喜んでもらうこと」です。そしていつか「ミスターカバヤ」ならぬ、「ミスターニシヤま」だと胸を張って言える社員になりたいです。プライベートの夢は、将来幸せな家庭を築き、家族みんなで釣りに行くことです。

Q7.あなたにとって「お菓子」とは?
私にとってお菓子はいわば運命共同体です。物心付いた時から一日中お菓子ばかり食べていました。最近は手作りのお菓子を誰かにプレゼントすることで「お菓子を通して人を喜ばせる楽しさ」を知りました。大人になった今でも、お菓子は私の大切なパートナーです。何処に行くにも必ずお菓子をポケットにしのばせています。

ある日の一日
nishiyama1nichi.png
↑クリックで拡大
posted by 多田章利 at 07:00| Comment(0) | 新入社員の先輩たち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。