2012年10月02日

キャリアパスの先輩たちからのメッセージ 営業職#2

topeigyou480.jpg
大阪支店販売三課課長
nagaojob_instant.jpg nagaopri_instant.jpg

Q1.カバヤを受けてみようと思ったのはなぜですか?
小さい頃からジューCが大好きだったからです。会社の人には「ウソだ」と言われてますが、単純明確に、「ジューC好き」という理由だけです♪

Q2.最終的に入社を決めた理由は何ですか?
すべての面において穏やかだったからです。(エントリーシート、説明、面接etc)
面接では、人事の方に逆に質問をして、困らせた記憶もありますが。入社後もイメージとのギャップはほとんどありません。

Q3.入社後にびっくりしたことはありますか?
私たちが手にとっているお菓子が1年前から構想を練って、試行錯誤を繰り返し発売にいたっていること。
人が毎日手にする「食品」でありながら、食品の中では特にトレンドを意識するお菓子はある意味、「ギャンブル的な要素」が満載です。トレンドをはずすとどんなにおいしくても売れなかったりするので。。
1年先を読む力が勝敗を左右します。

Q4.あなたがカバヤで今までに取り組んだ仕事を教えて下さい
営業職1本でやってきましたが、営業という仕事は「なんでも屋」さんであり、自分の力で如何様な仕事も可能である職種です。
現在はルート営業に限らず、店頭で試食マネキンを自分で実施したり、夏休み、冬休みにイベントを行なったり、末端消費者と積極的に関わることで、「消費者の声」に敏感でいられるように日々心がけて、営業活動を行なってます。目の前でお客様が喜んでもらえるのが、営業の仕事で一番のやりがいと励みです。

Q5.これから取り組んでみたい仕事は何ですか?
2010年10月よりカバヤ食品初の女性管理職となり、現在は一緒に働いているメンバーの日々起こるトラブルや、悩み事を一緒に考え取り組んでいくという仕事が中心となったことが、より励みとなっています。
誰かの為に何かをする喜びを感じながら、これからは、セールスひとり一人が「お菓子」を売ることを楽しいと思える喜びを沢山感じられる環境を整えていきたいと思います。
もちろん、女性としてしっかりとスキルを身に付けキャリアアップしつつも、結婚、出産を乗り越えて、仕事を続けられる場所の確立も目指していきたいと思います。

Q6.あなたの「夢」は何ですか?
☆毎日、人が笑顔でいられる場所を作ること☆
「カバヤCafe」の実現!
カバヤの商品や兄弟会社のオハヨー乳業の商品を使ったお菓子を、社員が直接消費者に伝えられるような店を作りたいです。玩具菓子を使って遊べるスペースや、月1回のイベント実施で、子どもも、お母さんもくつろげる空間造りをしていきたいです。

Q7.あなたにとって「お菓子」とは?
お菓子は永遠に私の「元気の源」です!

ある日の一日
nagao_1nichi.jpg
↑クリックで拡大


posted by 多田章利 at 12:00| Comment(0) | キャリアパスの先輩たち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

キャリアパスの先輩たちからのメッセージ 営業職#1

topeigyou480.jpg
東京支店営業二部販売二課課長
shintanijob_instant.jpg shintanipri_instant.jpg

Q1.カバヤを受けてみようと思ったのはなぜですか?
私は子供のときからお菓子が大好きで大人になった今でも甘党です。また私は岡山の出身で子供のころからカバヤのお菓子をよく食べていました。そのせいか企業イメージが良かった事。地元の企業なので地元で仕事ができると思ったところ(それは勘違い)。それでカバヤを受けることにしました。

Q2.最終的に入社を決めた理由は何ですか?
食品メーカーは比較的安定した仕事であることを先輩に聞いていました。カバヤ食品は食品メーカーであり、私の大好きなお菓子に囲まれた生活が出来るところを想像したらカバヤしかないと思いました。また、玩具菓子を取り扱っているというのも入社を決めた1つです。

Q3.入社後にびっくりしたことはありますか?
カバヤの営業マンは何かに秀でている人が多いです。(仕事ではない。)
酒が好き。酒が強い。ネオン街情報に長けている。なんだかんだ酒がらみが強いです。
またゴルフができる環境にあるためか、ゴルフが好きな方が多いです。
営業マンはどちらかが長けていたほうが有利なのでカバヤは非常に環境がいいと思います。

Q4.あなたがカバヤで今までに取り組んだ仕事を教えて下さい
1998年に入社、福岡支店に配属。福岡の量販、問屋を担当。その後に長崎(佐世保地区)もあわせて担当するようになりました。
3年半で東京へ転勤。東京ではCVS(コンビニエンス)チームに配属。
3年間担当して、量販チームへ支店内移動。広域量販店のジャスコを約3年半担当。
その後課長へ昇進。現在、東京支店でもっとも長いキャリアとなりました。

Q5.これから取り組んでみたい仕事は何ですか?
カバヤの課長はプレイングマネージャーであり自分も得意先を持ちながら課員のマネジメントもしなければならないかなり大変な職種です。
課長は現場に出ることが多く、現場の意見や正確な情報をいち早く上司に伝えることで、課員のみんなに仕事がしやすい環境を作れるような仕事をしたいと思います。

Q6.あなたの「夢」は何ですか?
仕事では、やはりカバヤをNO.1にしたいと思います。(総合NO.1とはいわないまでも、どこかのジャンルではNO.1)(すでに営業力ではNO.1ですが・・・。)
プライベートでは、ゴルフでのホールインワン達成とともにパープレイでまわりたいと思います。(ゴルフに関しては理想から程遠い)

Q7.あなたにとって「お菓子」とは?
食べると美味しいお菓子はみんな大好きで、笑顔になる為のコミュニケーションツールだと思っています。
お菓子をもらって怒ったりする人はほとんどいません。そんなお菓子に携われて本当に良かったと思います。

ある日の一日
shintani_1nichi.jpg
↑クリックで拡大
posted by 多田章利 at 11:00| Comment(0) | キャリアパスの先輩たち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

キャリアパスの先輩たちからのメッセージ 研究職

topkenkyu480.jpg
研究室室長
okamotojob_instant.jpg okamotopri2_instant.jpg

Q1.カバヤを受けてみようと思ったのはなぜですか?
元々研究開発職を希望していたのですが、地元希望ということもあり、実はオハヨー乳業を最初に受けました。ただオハヨーに行ってみると最初から研究職の採用はしないということで困っていると、オハヨーの採用担当の方から「カバヤさんで院卒の研究を探しているよ。行ってみる?」と言われ、その足でカバヤを訪問しました。小さい頃からジューCを食べたり、工場見学をさせてもらった会社だったのでいいかなとその時思ったのです。いわば衝動的に受けたのです。

Q2.最終的に入社を決めた理由は何ですか?
あまり記憶にないのですが、強いて言えば内定をいただけたからかもしれません。答えになってないですね。兎にも角にもクリエイティブな仕事がしたかったので研究職でというところが入社の決め手になったのだと思います。また、地元企業であったことも入社を決めるに要因だったと思います。

Q3.入社後にびっくりしたことはありますか?
最初の上司から入社後すぐに飲みに連れて行っていただいて「5年ぐらいは仕事をしなくてもいいから!」と言われたこと。最初は文字通り受けとめ「えっ!!なんていい会社だろう」って驚きました。言うまでもなく、気楽に力を抜いて自由にやりなさいという意味だったのですが・・・。でもその一言で今があるのかもしれないと思うことがたまにあります。感謝です。

Q4.あなたがカバヤで今までに取り組んだ仕事を教えて下さい
最初は研究室に配属され、清涼菓子を担当しました。その後、キャンディの担当もしました。そして東京企画室に異動になり、企画二課の課長、そして、研究1課の課長、その後、研究室長です。
沢山の仕事をしてきましたが、自分なりに誇れる商品は「エアースマッシュ」、「ジャージー牛乳キャンディ」、「生キャラメル」、「ジューCグルコース」などです。その他商品以外では「うぇぶかばや」などです。

Q5.これから取り組んでみたい仕事は何ですか?
商品開発に携わっている人たち皆にヒット商品をつくってもらうこと。
研究室という部署は、若手が非常に多い部署です。それだけに皆のやる気を結集できるとすごいパワーが出ると思います。その原動力になるのが成功体験ではないかと思います。商品開発は一見華やかに思われるかもしれませんが、地道な努力が必要でつらい仕事だと思います。そのつらさを吹き飛ばすことができる一番の薬が成功体験なのです。ヒット商品ができると大変気持ちがいいです!!

Q6.あなたの「夢」は何ですか?
裏が山でスキー場とゴルフ場があり、前が海でビーチと釣りができるような島に移り住み、裏庭で野菜を作り豚と牛を飼い、時にはパンやピザを焼いたり、ベーコンや釣った魚の燻製を作ったりし、それを親しい友人が食べ喜んでくれるような、そんなのんびりとした生活をすることが夢です。

Q7.あなたにとって「お菓子」とは?
お客様を驚かせるものです。
私は、驚きのある商品を作りたいと思っています。驚きといってもいろんな意味の驚きがありますよね。たとえば、「おいしい」、「外観がおもしろい」、「なんて食感だろう」などなどですが、時には「なんて不味いんだろう」なんてこともあります。これからもカバヤのお菓子を使って、いい意味の驚きをお客様に提供していきたいですね。

ある日の一日
okamoto_1nichi.jpg
↑クリックで拡大
posted by 多田章利 at 10:00| Comment(1) | キャリアパスの先輩たち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

キャリアパスの先輩たちからのメッセージ 企画職#2

topkikaku480.jpg
企画二部一課課長
sumotojob_instant.jpg sumotopri_instant.jpg

Q1.カバヤを受けてみようと思ったのはなぜですか?
学生時代にラーメン屋とフランス料理店でアルバイトをしていたこともあり、「モノ作り」、特に食品業界の商品開発に興味がありました。就職活動中、「自分は何が作りたいか」を考えた時、子どもの頃楽しみながら食べたカバヤのお菓子を思い出し、受けてみようと思いました。 

Q2.最終的に入社を決めた理由は何ですか?
面接を進めていく中で、人事担当の方が自分の意見・考えにしっかり耳を傾けてくれたのが1番の理由です。また、カバヤ食品では1年目から商品の開発業務に携われ、年齢的にも若い人が多く、仕事がやりやすい環境だと思ったからです。

Q3.入社後にびっくりしたことはありますか?
入社して2年目にヨーロッパ出張へ行かせてもらった事です。また、2004年4〜6月までの3ヶ月間、焼き菓子の研修のため、フランスのノルマンディ地方へ長期出張に行きました。年齢に関係なくやる気次第でどんどん若手にも海外出張のチャンスを与えてくれるのもカバヤ食品の魅力だと思います。2010年2月、2012年10月にも欧州へ行き、菓子の市場調査を行いました。欧州市場でも景況悪化の影響により値下げや増量が行われていたり、共働き夫婦の増加や核家族化により製品ボリュームの少量化が進んでいたりと市場の変化を感じ取ることができました。2011年9月には、初めて中国(上海)へ行き、市場調査を行いました。中国市場の発展スピードの速さや市場規模の大きさには驚かされました。今年で入社11年目となりますが、これまで計7回の海外出張を経験させて頂きました。

Q4.あなたがカバヤで今までに取り組んだ仕事を教えて下さい
入社して10ヵ月生産部に所属し、岡山・大阪・関東の3工場にて製造に携わりました。
2003年1月に研究室に転属になってからはチョコレートの担当となり、既存商品の改良や新規設備を想定した商品開発を行いました。
研究室で4年間の職務を経て、2007 年1月に企画2部に異動。研究室と同様に商品の開発を行うわけですが、研究室が中身(菓子)の開発を行うのに対し、企画部では市場動向の調査や企画書・デザイン・パッケージの作成・工場での生産方法・原価試算など商品全体の設計を行うことがメインです。
研究室担当(松永君)とヨーロッパ市場調査へ行き、とろりソース&さくさくビスケットが特徴のチョコレートを検討。1年後、「カレーム クアトロ」を商品化しました。 
2011年1月には管理職となり、課員と共にチョコレート・焼き菓子・プレッツェルの商品開発を行っています。
また商品の発売スケジュールや販促方法、新工場での新ライン導入や新規包装設備の導入検討などについて営業部・技術部・生産部などの関連部署と打ち合わせを行い、社内での方針を調整していくのも重要な業務のひとつです。

Q5.これから取り組んでみたい仕事は何ですか?
「さくさくぱんだ」や「プチパステル」などのロングセラー商品や「クアトロ」「デリシア」などのカレームブランド商品をもっともっとお客様に知ってもらうため、商品を育成していくと共に、お客様に「驚き」を与えられるような新商品を課員と共に開発していきたいと思います。

Q6.あなたの「夢」は何ですか?
マイホーム・・・宝くじで一獲千金・・・と夢はたくさんありますが、結婚9年目にして、まだ妻と新婚旅行に行っていませんので、とりあえず10日ほど休みをもらって新婚旅行に行くことです。

Q7.あなたにとって「お菓子」とは?
絶対に食べなければいけないというものではないですが、食べて一息つけたり、ほっとしたり、一瞬でも幸せを感じることができるものだと思います。
戦後まもない頃はこういったものが少なかったわけなので、簡単にまとめると「平和の象徴」でしょうか?よくわかりません。

ある日の一日
sumoto_1nichi.jpg
↑クリックで拡大
posted by 多田章利 at 09:00| Comment(0) | キャリアパスの先輩たち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

キャリアパスの先輩たちからのメッセージ 企画職#1

topkikaku480.jpg
企画一部
fukudajob_instant.jpg fukudapri_instant.jpg

Q1.カバヤを受けてみようと思ったのはなぜですか?
カバヤ食品という会社を知ったきっかけは友人に「面白そうな会社だよ」と教えられてからでした。昔から親しんだ「ジューC」を作っている会社だと知り、親近感を覚え、会社選びをする際に重視していた「会社の雰囲気」も良さそうだったので、受けてみようと思いました。また“メーカーで商品企画をしたい”というのが私の目標でしたし、その目標をかなえられる会社だと思ったのもポイントです。

Q2.最終的に入社を決めた理由は何ですか?
会社を選ぶ際に重視していたことは、そこで働く人たちとうまくやっていけるかどうか?ということでした。その点、カバヤは温かい人が多く、会社の雰囲気も良かったので「ここならきっと働いていける」という確信があり、カバヤに決めました。その確信は正しかったと日々感じながら働いています。
でも、毎日大好きなお菓子が食べられると思ったのも一つですヨ♪

Q3.入社後にびっくりしたことはありますか?
商品数の多さにびっくりしました。会社に入る前には知らなかった商品がたくさんあり、なかなか覚えられずに苦労しました。カバヤと言えば「ジューC」をはじめ子ども向けのお菓子しか知らなかったので、幅広い層に向けたいろいろな商品があり、常時120〜130品も取り扱っているのは驚きました。それと、仕事の合間にみなさんおやつをパクパク食べている光景にもびっくりしました。お菓子会社ならではの光景だと思います。

Q4.あなたがカバヤで今までに取り組んだ仕事を教えて下さい
●入社〜2005年4月 大阪支店 (営業)
私は入社した当時は大阪支店に営業として配属され、そこで3年間営業の仕事をさせてもらいました。一番の希望は商品企画でしたが、「まずは市場を知ってから」という気持ちがあり、営業を希望しました。カバヤの営業は菓子問屋やスーパー・コンビニなどの得意先に対しカバヤの商品をお店に並べてもらえるよう商談するのが主な仕事です。その為に販促企画や売場提案を行ったり、時には条件交渉、自らお店に陳列することもあります。決して楽な仕事とは言えませんが、店にカバヤの商品が1品でも多く並んだ時の喜びはとても大きく、やり甲斐のある仕事です。悩んだり落ち込んだりすることもありましたが、そんな時はすかさず上司や先輩、後輩みんなが支えてくれました。働いている「人」の良さと「人」を育む温かさがカバヤの魅力だと思います。

●2005年5月〜2008年4月 企画一部 (玩具菓子企画)
入社4年目、念願の企画一部に転属しました。ここでの仕事は大きくいうと玩具菓子の企画・開発です。自分で商品を企画しどんなオマケにするか、どんなパッケージにするか、一つ一つを自分で決めていく作業の積み重ねです。玩具の生産、デザインなどは外注ですが、その都度業者さんと細かく打ち合わせをし、社内の各部署とも密に連絡をとり企画・開発・生産までをスムーズに行えるようにするのも仕事です。一番の魅力は「ものづくり」の楽しさ、そして自分の手掛けた商品が形になっていくことです。

●2008年5月〜2009年4月 (産休・育休)

●2009年6月〜2010年6月  企画二部企画三課  (プレゼン・情報収集)
復帰後は企画2部に配属になりました。企画2部はお菓子の企画の部署です。その中で企画三課は商品担当を持たずに得意先への商談に同行したりプレゼンをしたりと流通やバイヤーの意見を収集して本社へフィードバックする役割を担っています。また情報の多く集まる東京の地の利を生かしてトレンドなどの情報収集を行い新商品開発のバックアップを行っています。

●2010年6月〜2011年4月 (産休・育休)
第2子の妊娠・出産で1年間のお休みをいただきました。カバヤは子育て支援にも好意的な企業で、仕事と子育ての両立は可能な職場だと思います。育児休業の制度があっても実際休暇が取りづらい企業もあると耳にすることもありますが、カバヤは休暇を取りやすい職場の雰囲気です。

●2011年5月〜 企画一部 (玩具菓子企画)
復帰後再度玩具菓子企画に配属になりました。日々子供が喜ぶようなおもちゃの開発にいそしんでいます。

Q5.これから取り組んでみたい仕事は何ですか?
これまで営業・企画を経験したことをいかして、モノが売れる仕組みを考えマーケティングにも取り組んでいきたいと思います。
また“ママ”である視点を最大限発揮して、子供たちが喜ぶ商品の開発にも取り組みたいと思っています。

Q6.あなたの「夢」は何ですか?
カバヤといえば『○○!』と誰でも言ってもらえるようなヒット商品を生み出すこと。

Q7.あなたにとって「お菓子」とは?
カバヤライフにはなくてはならない仕事のオトモです。

ある日の一日
fukuda1nichi.png
↑クリックで拡大
posted by 多田章利 at 08:00| Comment(0) | キャリアパスの先輩たち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

キャリアパスの先輩たちからのメッセージ 品質管理職

tophinkan480.jpg
品質管理部部長
matsudajob_instant.jpg matsudapri_instant.jpg

Q1.カバヤを受けてみようと思ったのはなぜですか?
私のルーツが岡山であったことやジューCなどのお菓子を通じて子供の頃から慣れ親しんでいた会社のイメージがありました。そして何よりも食べたり飲んだりすることが好きでした。

Q2.最終的に入社を決めた理由は何ですか?
志望動機と同様、「食」に携われることが決め手でした。

Q3.入社後にびっくりしたことはありますか?
入社前、お菓子作りは街のケーキ屋さんの厨房のイメージでしたが、入社後はその厨房?の生産機械や器具が全て巨大で、出来上がったお菓子が生産ラインから大量に整然と出てくること、目が回るような速さで包装されることが驚きでした。

Q4.あなたがカバヤで今までに取り組んだ仕事を教えて下さい
研究室:キャンディー・チョコレートの商品開発
企画部(東京):流通など取引先からの情報収集や商品の説明等の営業支援
品質管理部:原料〜商品の品質管理、お客様や流通対応

Q5.これから取り組んでみたい仕事は何ですか?
食品は、皆様においしいと喜んでもらえること、安全・安心を供給することが最も重要です。今までいろいろな部署を経験しましたが、少しでも多くのお客様にカバヤの「おいしさ」を味わっていただくことが目的であることは変わりません。この目的を100%達成するまで今までの経験をすべて品質につぎ込みます。

Q6.あなたの「夢」は何ですか?
夢はたくさんあります。
ささやかかもしれませんが、子供・家族・趣味・・・数え切れません。
まずは25年目の新婚旅行かな。

Q7.あなたにとって「お菓子」とは?
「笑顔」ですね。

ある日の一日
matsuda1nichi.jpg
↑クリックで拡大
posted by 多田章利 at 07:00| Comment(0) | キャリアパスの先輩たち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。